12色の色鉛筆と筆ぺんで書いた詩とイラストのギャラリーです♪ この絵をみてなんか癒されてくれれば嬉しいです(///∇//) アニマルと言ってますが、猫の絵が多いです(=_=; よかったらコメントに感想とかください♪広告はゴメンナサイ。。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■5日目■

車中泊なので早めに動き始めました。
まずは遠野を早朝から観光♪カッパ淵でカッパを探す。
いた。
201209190716000.jpg

早すぎて観光施設は開いてないので、
一気に内陸まで戻り、東北道に乗り込み一関の
正解遺産平泉観光へ!!
天気は雨がいつでも降りそうな曇り。
毛越時、中尊寺の金色堂を観光♪
201209191047000.jpg

厳美渓に向かう途中に、達谷窟毘沙門堂というお寺を見かけて
すげぇと思い、Uターン!!
岩に埋め込まれているお堂です。中も見学できます。
圧巻(*^。^*)
201209191133000.jpg

そして厳美渓へ。綺麗な渓谷です。
IMG_2109.jpg

名物は空飛ぶ団子。対岸から籠にお金を入れると
籠に団子を入れてくれて帰ってきます(^○^)
ただ、人力でおっさんが必死に動かしてます(笑)
IMG_2105.jpg

空飛んできた団子。お茶もこぼれません。
IMG_2113.jpg

今度は一関から一気に東へ車を走らせて大船渡へ。
大船渡も一面の草原状態のままでした。
電車はいつ復旧するのでしょうかね・・。どこの線路も
ぼうぼうに草が生えています。
IMG_2127.jpg

こういった商店街は走ってるとたまに見かけます。
そうするとうちらはとりあえず立ち寄り、何かしらを
買うというルールを課せ旅をつづけました。
IMG_2129.jpg

さて、大船渡から陸前高田にたどり着きました。
ここも見渡す限りの草原になっています。
市役所やショッピングセンター、マンション、道の駅等、
大きな建物のみ、かろうじて形を残しています。
IMG_2139.jpg

3階まで津波がきたんですね・・。
IMG_2116.jpg

ちょうど数日前に復元の為に切り取った、奇跡の一本松の
場所にむかいました。
松原の跡地の中に、遠くにヒョロっと唯一一本残る松が見える。
あれ?まだ残ってる??
IMG_2125.jpg

切った代わりにとりあえず植えた仮のモニュメントかね?っと
嫁と首をかしげる。。
IMG_2121.jpg

ふと足元に奇跡の一本松の募金のチラシを見つける。
あれ?この後ろにある建物は・・・っと
ipponmatu-hozonbokin.jpg

ちょうど目の前が奇跡の一本松の後でした(笑)
綺麗に囲ってあり、更地になっていました。
IMG_2126.jpg

じゃぁ疑問に残るあのヒョロっとした松は????
っという事で、商店街で買い物をした時に聞いてみたら、
実はあまり知られてなかったけど、もう一本残っていたらしい。
7万分本の松原のうち唯一1本残ったと言われていたけど、
実は2本だったんですね・・。
更に言うと、このヒョロっとした方はまだ生きているらしく、
地元ではこっちの方も立派な生きる力を与えてくれている
シンボルらしいです。

まぁ有名な一本松と違って絵になりにくいところが、
マスコミには取り上げられなかったんですかね。。
でもあっちは絵本になったり、動画が作られたり
ちやほやされているのに、ちとかわいそうかな。

その日は、地元でも愛されているという
ジャズ喫茶ジョニーさんで晩飯を食べました。
ちなみにそこで頼んだマスカットサイダー+焼酎のスカマットを
注文してほろ酔いに。
IMG_2136.jpg

色々とお話もさせて頂きました。
出会いに感謝です♪

その晩は、また車中泊か悩んでたけど、
面倒で近くの鈴木旅館ってところをその場で携帯で
検索して素泊まり予約をしました。

そしたら隣にいた方が何と、鈴木旅館の女将らしく
予約が入ったとTELが入り、びっくりな感じでしたわ(笑)

★この記事で東北旅行が行きたくなることを願います★

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takumigallery.blog33.fc2.com/tb.php/296-af85e354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。