12色の色鉛筆と筆ぺんで書いた詩とイラストのギャラリーです♪ この絵をみてなんか癒されてくれれば嬉しいです(///∇//) アニマルと言ってますが、猫の絵が多いです(=_=; よかったらコメントに感想とかください♪広告はゴメンナサイ。。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だめうさ

2番目くらいに描いた絵です。
この絵は怪我して入院して、CCUから整形外科の大部屋に
移り看護師さんに言いたくて描いた絵です。

忙しいのはわかるのですが、仕事の作業って感じ
でした。部屋に来ても、
「何かおかわりありませんか?」って入口で
声かけるだけで、顔も見ないでどっかいっちゃう。

そこの病院のナースコールがマイク付きで、
TVのリモコンが落ちてしまい、取ってもらいたくて
呼びました。その時は、ベットから起きれも立ても
しなくて。

そして、ナースコールで要件を伝えると、
待っててと言われて、30分放置。もう一度言っても、
来なくて、来たのは結局1時間後くらい。
見たくない番組を見続けました・・。

その1時間半の間、必死で自分で取ろうとしたりとか
してたから、痛み悪化したり、なんかわからんけど、
悲しくなって落ち込んだり。

看護の「看」って字は、よく見るって意味なんだそうです。

長い入院期間で一番看護がありがたく安心できて
良かった看護師さんは、
CCUの時にいた配属何日目とかの男の子の新人看護師。
暑い時に、すぐ気づいてくれたり、痛みが上がってる時に
声かけて励ましてくれたり、ずっとそばにいる訳じゃないのに気が利いた。
すごく、看護されてて安心した人。
技術は怖かったけどね。

ようは、その新人さんは、必死に自分を注意して見てて
くれたんだと思う。

治療の時以外は、ちらりとしか見ないで、どっかいっちゃう看護師に
何か言いたくて
描いちゃいました。

まぁ渡す勇気はありませんでしたけどね。。。

全然話はかわりますが、こういった入院経験を含み
今週に筑波大学病院で座談会として医療スタッフの方に向けて
話しをします。
メインは絵で伝えたいこと。

前に小学生向けにはやったけど、大人へのお話は初めて。
どうなることやら♪









コメント
この記事へのコメント
医療関係者には医療関係者の目線からしか判らない事があるように、患者には患者の目線からしか判らない事ってありますよね。。

お互いが相互理解出来たら素敵ですね。
2011/02/04(金) 14:02 | URL | めい #6o2kgvBQ[ 編集]
>めいさん
最初はそんな話をしようとも思いましたが、
やはり絵や入院経験で得た想いを話しました。
看護師さんも理解できてるけど、人手が足らなくて
的なことも多いと思いますんでね。。
2011/02/06(日) 22:05 | URL | ばっち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takumigallery.blog33.fc2.com/tb.php/207-cb20fb6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。