12色の色鉛筆と筆ぺんで書いた詩とイラストのギャラリーです♪ この絵をみてなんか癒されてくれれば嬉しいです(///∇//) アニマルと言ってますが、猫の絵が多いです(=_=; よかったらコメントに感想とかください♪広告はゴメンナサイ。。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんなニュースがあった(=_=;

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

長野県野沢温泉村は、スキーヤーの注意義務を定めた条例案を12月定例会に提出する。


 スキー禁止区域での救助費の負担など自己責任を求め、村は「こうした条例は全国で例がない」としている。

 条例は、スキー禁止区域での事故を防ぐ狙いがある。コース標識や場内放送などを守ることをスキーヤーに義務づける。コース外で起きた事故の救助や捜索にかかる費用はスキーヤーの全額負担とする。

 スキー場管理者には、コースを明示する標識を設け、巡回強化を図るよう求める。

 スキー場を運営する「野沢温泉」の河野博明社長は、「来年は日本にスキーが伝わって100年。スキー場の安全元年にしたい」と話している。

*************************


何か、読んで心が締め付けられる感じになりました。
怒りというか悔しさというかそんな感情がドワーっと。。

自分はこの野沢温泉スキー場で、コース内で暴走して、
コース外に吹っ飛んで、
木にぶつかって障害を負いました。

ホント一瞬。あっ!!って思ったら木が有ってドーンっと。

試乗会でスキー板の常識から少し外れた、変な板はいてたからか、
コントロールできかった。

ただ自分の運が悪かったと怪我については、
納得してる。

だから、板のメーカやスキー場を恨むことも
してないけど、やっぱし一瞬は
「あの板の作りが」とか「コースの脇に柵があれば」っとか
恨む気持ちは頭をよぎった。

だから、このニュースをぱっと読むと、
スキー場は関係ない。事故の責任は全て自己責任って
言い放たれてる感じになって、悔しかった。

自分が滑ってきたスキー場の中では野沢は
柵が少なめでコース外に行き易い作りな記憶がある。
自分みたいに転んでもコース外に吹っ飛んで
行き易い。

この条例をやるなら、その前に安全対策を万全にすると
提言してからやってほしいものだ。

なんか、そん時の悔しさを、
足の自由を失ったスキー場で、しかも
コース外での話の、このニュースが嫌でもツライ記憶を
思い起こさせた。

あー胸の奥がイテェ。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takumigallery.blog33.fc2.com/tb.php/193-1eeaf77e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。