12色の色鉛筆と筆ぺんで書いた詩とイラストのギャラリーです♪ この絵をみてなんか癒されてくれれば嬉しいです(///∇//) アニマルと言ってますが、猫の絵が多いです(=_=; よかったらコメントに感想とかください♪広告はゴメンナサイ。。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、新しい創傷治療とか、ラップ療法、湿潤療法とかと言われ、
昔と違う傷の治療方法が有名になってきているのをご存知で
しょうか?

入院中に、足のえぐれた傷が全然閉じないのでネットで傷の
治療法方を検索してHITして自分は知りました。
最近は、本やらテレビやらでたまーにやっています。

その治療方法は、結構小さい頃親から言われてきた傷の治療を
180度くつがえします。

消毒→いらねー
かさぶたになればOK→かさぶたいらねー
じゅくじゅくNG乾燥が良い→じゅくじゅくOK乾燥NG
ガーゼ(絆創膏)する→ガーゼはNG

昔らからの治療は治らないってわけじゃないけど、
より痛かったり、より治りを遅くさせるとのこと。
簡単にまとめた記事↓

1
2

この治療法をやっている医者はまだ少ないです。
常識が覆りますかからね(=_=;

んで、今までの治療だともう3年も足の傷が閉じないので、
ちと試しにこの治療の第一人者のお医者さんへ、はるばる
茨城へ高速を飛ばし受診して来ました。

結果、直ぐには治るような技はなかったが、今までの治療法を
バッサリとして切られました・・( ̄▽ ̄;)
「ムダー!意味なーい!、その薬が悪化させたー!」
とか言われまくり・・。

この治療法は人間の再生力を信じ、最大限の手助けをする
治療法です。
無理に治すではなく、細菌も含め上手く付き合っていくのも手段と
言っていました。
とりあえず、試しにこの治療法をやってみようかと思います。

おまけで手あれの治し方のレクチャーの記事も↓
teare



コメント
この記事へのコメント
詳しく分かりませんが少しでも良くなっていくといいですね♪
2009/08/17(月) 06:06 | URL | ドリ子 #IaTPaRmU[ 編集]
長年大学病院で働いていますが、そんな治療法もあるのですね~~。
ここだけの話、私はあまり医者を信用していないので、診察を受けたり、薬を服用することもほとんどないんですよ~~。
2009/08/17(月) 19:55 | URL | HEE #mQop/nM.[ 編集]
こんにちは、お久しぶりです^^
理に適っているような気がするけど
実際に黄色い液とか出てきたら怖いです>_<
でも薬に頼らなくていいならその方が体にはいいですよね!

しばらくの間に哀しいことがあったようで私も涙してしまいました。ご冥福を心からお祈りします。
2009/08/18(火) 14:02 | URL | たま子 #FrUoCQUQ[ 編集]
>ドリコさん
結局は足の血流が悪いから中々治らないらしい。。
色んな情報入手して少しでも治して行きたいっす。。

>HEEさん
とくに大学病院とかではこの治療方法は浸透しない
らいしいっすよ。ようは年食った頭が固くなった
偉い人が権力持っているから難しいとのこと・・・(=_=;
自分は医者は信じていないわけじゃないけど、必ず
ネットで情報仕入れまくりますね(´▽`)

>たまこさん
もう、血とか変な液が出るのとか膿とかも
見慣れてきました・・(^^;
セブのことっすね。未だに思い出すと悲しい
です。。あぁ猫喫茶にでも行ってこようかしら・。
2009/08/20(木) 21:00 | URL | ばっち #-[ 編集]
傷も見られるようになって強くなったねぇ。
おかあさんは嬉しいよ(涙)。
この治療法、私はすごーく気に入ってるよ。
ま、傷パワーパッドから学んだけどね。
傷を乾かさないようにするとホント直り早い。
これ、結構重宝してます。
人間の治癒力ってホント侮れないからねー。
焦らず、自分に合うものを選ぶのがいいと思うよ。
2009/09/01(火) 15:35 | URL | sea #-[ 編集]
>seaさん
オレつおくなりましたよ!毎日のように傷見てるし
足が膿めば自分で血をだしたり処理するもの!!

この治療の市販絆創膏売ってるんだよね♪でも
何気に高い・・・。
人間の治癒力を信じてみるよ。
2009/09/03(木) 22:28 | URL | ばっち #-[ 編集]
創傷処置に関しては色々言われてますよね。
私が勤めてる病院でも数年前から整形外科の先生をスタートに消毒液を使わない方向になりました。
でも、創傷処置の勉強会でその先生が色々講義をしてくれても
病院全体にそれが広がるのにはだいぶ時間がかかりました。やっぱり新しいもの、考えを取り入れるのは不安があったのかもしれませんね。
実際に傷の治りが悪かった人の処置を変えてから傷がきれいに治ったのを見た時に自然治癒力ってあるんだ、すごいなって思った覚えがあります。
効果がでるといいですね。
ちなみにその先生はボディーソープは弱酸性のビオレ・入浴剤はバブ(?血行が良くなるからって)がいいんだって言ってました。
2009/09/04(金) 09:37 | URL | 晴 #SFo5/nok[ 編集]
>晴さん
はじめまして♪
へぇ~すごいっすね!その病院!中々まだないんじゃないっすか??
この先生のHPを見ていると、本当に人間の治癒力を
信じたくなります。
見たことなかったら見てみてください。すげぇーっす!
2009/09/06(日) 23:51 | URL | ばっち #-[ 編集]
HPみてみました。
私、その中の本読んだことあります。
うちの病院にいた整形外科の先生もこの先生のこと話してたんです。
その先生は私たちに『消毒は毒だ!!!』ってよく言ってました
でもね、やっぱりなかなか院内にはその考え?方針が思うように広がらなくって整形の先生も『なんで?なんで?わからないんだ!』ってよく言ってました。
そうして辞めていったんだけどね…
今では基本的には消毒はしなくなりましたよ。包帯交換も先生が傷を診察して流水で流すって感じです。
他の科でも使用しなくなってます。
ただ、創傷管理って(他に関してもだけど)どんどん新しい考えとかがうまれてくるから大変ですよね。
よりいいものになる分にはいいんですけどね。
2009/09/07(月) 03:17 | URL | 晴 #SFo5/nok[ 編集]
ホント自分はこの理論で最悪といわれているゲーベンを1年以上傷に
塗りたぐっていたよ・・・。
最初からこの方針を取っていれば、何か変わってたのかな。。。
ふと、思う今日この頃です。。。
2009/09/07(月) 22:29 | URL | ばっち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takumigallery.blog33.fc2.com/tb.php/128-b13e9abc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。