12色の色鉛筆と筆ぺんで書いた詩とイラストのギャラリーです♪ この絵をみてなんか癒されてくれれば嬉しいです(///∇//) アニマルと言ってますが、猫の絵が多いです(=_=; よかったらコメントに感想とかください♪広告はゴメンナサイ。。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だめうさ

2番目くらいに描いた絵です。
この絵は怪我して入院して、CCUから整形外科の大部屋に
移り看護師さんに言いたくて描いた絵です。

忙しいのはわかるのですが、仕事の作業って感じ
でした。部屋に来ても、
「何かおかわりありませんか?」って入口で
声かけるだけで、顔も見ないでどっかいっちゃう。

そこの病院のナースコールがマイク付きで、
TVのリモコンが落ちてしまい、取ってもらいたくて
呼びました。その時は、ベットから起きれも立ても
しなくて。

そして、ナースコールで要件を伝えると、
待っててと言われて、30分放置。もう一度言っても、
来なくて、来たのは結局1時間後くらい。
見たくない番組を見続けました・・。

その1時間半の間、必死で自分で取ろうとしたりとか
してたから、痛み悪化したり、なんかわからんけど、
悲しくなって落ち込んだり。

看護の「看」って字は、よく見るって意味なんだそうです。

長い入院期間で一番看護がありがたく安心できて
良かった看護師さんは、
CCUの時にいた配属何日目とかの男の子の新人看護師。
暑い時に、すぐ気づいてくれたり、痛みが上がってる時に
声かけて励ましてくれたり、ずっとそばにいる訳じゃないのに気が利いた。
すごく、看護されてて安心した人。
技術は怖かったけどね。

ようは、その新人さんは、必死に自分を注意して見てて
くれたんだと思う。

治療の時以外は、ちらりとしか見ないで、どっかいっちゃう看護師に
何か言いたくて
描いちゃいました。

まぁ渡す勇気はありませんでしたけどね。。。

全然話はかわりますが、こういった入院経験を含み
今週に筑波大学病院で座談会として医療スタッフの方に向けて
話しをします。
メインは絵で伝えたいこと。

前に小学生向けにはやったけど、大人へのお話は初めて。
どうなることやら♪









スポンサーサイト
またスキーの話です。。

先日の土日に障害を負う前から所属していたスキークラブの
合宿に参加してきました♪

スキーを今まで何度か滑ってみてるけど、
ほんと数時間で筋肉がパンパンになり、1バーン滑ると
横になってぐったりして体力と、筋肉を復活
させないと立ってらんないくらいだったのに、
筋トレの成果も出て、二日間の合宿を
仲間と一緒に滑りきれました(ToT)

超~うれしい!!!

怪我をしてもスキーを滑りたいと思えたのも
サポートしてくれてたこのスキークラブの仲間が
いたからです。
そこで普通に参加できた事は本当にうれしい。

片足一本でのスキーだから、講師には困惑させて
しまっているが、快く受け入れてくれました。

今回の合宿では無駄に筋肉を使わずに滑る
脱力の滑りをなんとなく得てきました。
つい、昔と同じ感じで筋肉を使って、
ガンガン切ってカービングで滑りたくなるけど、
片足ではこの技術が大事な気がします。
これがマスターできれば、片足の筋肉の負荷が
減らせます。

ほんと滑れば滑るほど、入院して障害を負うと
わかった時に描いた「ゆーきゃんふらい」という
絵が何か今になって、心に沁みます。

あの頃にこの絵を描いた自分がなんかすごいです。

あとの課題は使わない右足の置き方です。

今は縛って上げて、膝あたりで両足固定してるん
だけど、今いち滑ってる時に窮屈だったり、
滑りに悪影響を与えてる気がする。

お手本としてる三澤選手とかネットで調べても
片足で滑ってる方は普段義足の方で滑ってるときは
外してる人ばかりで、
自分と同じタイプの片足スキーヤーが見つけられない。。

誰かそんな人いません??
おしえてーーー。

ちなみに本日時点、筋肉痛が出てるけど
程よいくらいで終わってます。
だけど、宿の風呂ですっころんでて、
頭と腕と足を強打してて、それが痛い。。。。





昨年に展示をさせて頂きました、
筑波大学附属病院で、さりげなく展示が続いております。

ってか、常設的な展示にして頂きました。

絵を見てくださった教授が自分の絵を
病棟に飾れば、華やかにもなるし、患者さんの
為になると考えてくれました。

そんで、わざわざ病棟の壁に、
額を飾る用のレーンも工事してくださいました。

絵は、やはりお年寄りでも見やすいように
A4に引き伸ばしたコピーですが額にしっかり
入れてあり展示されています。


もろに、松戸市立病院の常設展示と違って、
関係者は入れないところですが、
こうやって自分の絵が使ってもらえるのは
本当に光栄です。

がんばっている、患者さん、そのご家族、
職員さんも喜んでくれたら、なんか
自分も元気でますわ♪

win winの関係ってやつですね(^○^)
201101081138000.jpg

昨年末にパラリンピックの御選手方々と滑って
筋肉の足りなさを実感しました。

なので、年末からずっと筋トレをちまちまとして
確実に筋力UPできた実感が湧きました。

つーことで、時間もできたのでスキーに
唐突に行きたくなり、
誰もいける人がいなかったので、
一人さみしく那須のマウントジーンズまで
滑りに行ってきました。

一人でさみしくゴンドラに乗り、
同じく一人で来ていたおじい様と
二人っきりなので、ゴンドラ内で語り、
そして、滑る。
子供は不思議な目で見る。
大人も不思議な目で見る。

ゴンドラなので、ロングコースを楽しめる
はずでしたが、
自分の筋肉は下に着いた頃にはもう
限界でした。。。魂が抜けました・・・。

一本で帰るのはリフト券の元がとれないので、
30分魂が抜けたまま一人ベンチで
白くなり、復活してきたので
短いコースをくるくると10本くらい
2時間くらいは滑れました。

いや、甘かった・・・。
全然筋肉がたりてなかった。。

一日滑れるようになるにはどんだけ
筋肉付ければええねん・・・。

ようは片足スクワットを一日していても
耐えられる筋肉・・・。

遠い・・・・・。



ちなみに写真のように片足に
緑色の袋を装具にかぶせて
滑ってます。
右足は腰から釣れて足を浮かせておける
器具を作り釣って左足と右足を
縛ってます。




うすっぺら2

うすっぺらな自分だけど

精一杯あつく

生きています。


*************************************

あけましておめでとうございますって
事でうさぎの新作のうすっぺらです。

今年版のカレンダーの1月もうすっぺらさん
になっています(=^▽^=)

この子は2年くらい下書きノートの端っこ
でいたずら書きのように眠っていました・・。

ぺらぺらと昔の下書きノートをめくっていたら
急に描きたくなりました。

自分に100%自信があって、自分の
人生に100%自信を持っている人なんて
あんまりいないと思います。

でも、精一杯あつく生きる。

今年はこれでいきましょう!!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。